リビング

コストコントロールに最適なマンスリーマンション

東京で仕事を見つけて最初から高額の安定収入が得られる人は多くはありません。最初は低い手取り収入から始まり、経験を積むにつれて、徐々に増えていくものです。十分な手取りがない時期、一番つらいのは、東京の住居費の高さでしょう。仕事で経験を積んでいくためにも、必要な道具を買う、勉強するなどの投資が必要なので、住居関連コストは出来るだけ低く抑えたいものです。そんな状況でおすすめなのが、マンスリーマンションです。
マンスリーマンションの物件には様々なグレードのものがありますが、多くは、一般の賃貸と仕様面でなんら劣るところはなく、暮らしやすい物件が殆どです。にもかかわらず、一般賃貸と違って礼金や敷金という家賃以外の追加出費が不要なため、東京で生活を始める際、かなりの節約ができるのが魅力です。
マンスリーマンションということで、1カ月~せいぜい数か月しか滞在できず、転々と引っ越ししなければならないのではと不安を感じる人もいるでしょう。確かに、短期の利用が基本ではありますが、半年を超えるような長期利用者に割引料金が適用になるなど、ロングステイを歓迎する向きのマンスリーマンションもあります。最初から長期の利用を希望する場合は、その旨、不動産業者へ相談して、契約条件など詳細を確認しておくといいでしょう。

イチオシ

住みたい地域を選ぶ前にマンスリーマンションでお試しを

いずれは東京で家を買いたいという希望がある場合、東京のどこにある家を買うかは、非常に重要な検討事項です。基本的に、家を買ったらずっとその土地で暮らすことになるため、将来的に不便を感じるようになったり、住環境に違和感を覚えるようになる恐れがある地域は避けた…

コストコントロールに最適なマンスリーマンション

東京で仕事を見つけて最初から高額の安定収入が得られる人は多くはありません。最初は低い手取り収入から始まり、経験を積むにつれて、徐々に増えていくものです。十分な手取りがない時期、一番つらいのは、東京の住居費の高さでしょう。仕事で経験を積んでいくためにも、必…

柔軟度の高い利用方法が魅力のマンスリーマンション

住居というものは人が生活する場所ですが、その生活が、一つところで何年も続く場合ばかりでもありません。仕事や家庭の事情で、数か月単位で生活する場所を変える必要に迫られる場合もあれば、そもそもいつまで同じ場所に滞在することになるか、先が読めない状況というのも…

インテリアにこだわりがなければ選びやすいマンスリーマンション

家具家電を始めとするインテリアに非常に強いこだわりを持つ人がいる一方で、インテリアや住居に関しては実用面重視で、普通に使えさえすればいいと考える人もいます。後者のような方は、一般の賃貸を借りて自分でインテリアを整えるよりも、マンスリーマンションで生活する…

TOP